女の人

ナプキンによるかぶれはこれで解消!|女性特有の悩みを解剖

手術の主な流れ

レディー

小陰唇縮小手術は、まず医師と仕上がりのデザインを決めていくことからスタートします。剃毛及び消毒、小陰唇の大きさ測定はその前に行なわれます。デザインが決まったら、手術する部位に印が付けられます。次に麻酔注射が行なわれます。麻酔注射を打っておくことで、術中の痛みが大幅に緩和されます。麻酔注射は種類によっては体に大きな負担がかかることもありますが、小陰唇縮小手術の場合、体への負担が軽い局所麻酔が打たれるケースがほとんどです。また麻酔注射自体の痛みはとても弱いものなので、特に心配は要らないでしょう。麻酔が効いてきたらいよいよ切除に入ります。「高周波メス」と呼ばれる特殊なメスを中心に、特殊な器具を使いながら切除していきます。切除が終了したら糸で縫合します。糸にもいくつかの種類があるので、そこは事前に医師と話し合って決めておきましょう。縫合し終わったら患部を消毒します。そして軟膏を塗布し、ガーゼを当てれば無事手術終了となります。これが小陰唇縮小手術の主な流れです。

小陰唇縮小手術の施術時間はだいたい30分ほどです。施術を受けた女性のほとんどが「こんなに早く済むとは思わなかった」という感想を持つくらいです。小陰唇縮小手術が受けられるクリニックは全国に数多く存在します。小陰唇に関することだけでなく、性器に関する様々な相談もできるので、相談したいことがあるという方は一度行ってみるとよいでしょう。ずっと悩んでいたことが簡単に解決できるかもしれません。